Apple スペシャルイベント、今夜。いよいよ新しい Mac がきてしまうという事実にわれわれは向きあうわけだが

 実弾を貯めこんで待っているわけだが。
 日本時間 28 日の午前 2 時くらいからみたいですね。
 Apple の公式サイトでライブ中継するらしい。
 


スポンサード リンク

 今回の注目は間違いなく MacBook Pro。
 各種、漏れ伝わるところによると、

  • 有機 EL タッチバー搭載か。
  • 指紋認証がつくのか。
  • MacBook Air 11 インチ廃止か。
  • GPU 内蔵の新型 Thunderbolt Display がくるか。
  • Mac mini、Mac Pro がアップデートか。

 ほかに「AMD の Polaris っていう GPU がつく?」というのがある。
 あと、USB-C が、どんな形になるにせよ、つくかも。っていうのもある。Thunderbolt と併用できんじゃね、みたいな話もある。すごいよね、そんなことになったら。
 iMac は CPU の関係で、今回は見送りになるかも、という話もある。
 ギズモードの記事によると、iMac の新型は期待できるけど、Mac mini と Mac Pro はないかも、といっている。
 Pro はともかく、mini はあるんじゃねーかな、とおれは思ってるんだけど、こればっかりはわからん。
 
 有機 EL タッチバーについては、ほぼ間違いなさげ。
 この間の macOS Sierra のアップデートに、それっぽい画像が入っているらしいし。
「 hello again 」っていうからには、すごいのくるかも、という観測もあったけど、目玉は有機 EL タッチバーだろう。
 あと、GPU が Polaris っていうのになると、VR の関係が捗るみたいだな。
 いずれにせよ楽しみ。
 
 以下、余談だけどさ。
 おれちゃんの MacBook Air 11 インチ Late 2010 ちゃんが、いよいよ macOS Sierra で動かなくなってきた。それに代わるのが欲しいんですよ。
 しかし、11 インチがラインから外れるなら、MacBook へいく。もうしょうがない。
 おれ、自分が Mac になにを求めているか、ということを深く沈思した時、わかったのよ。可愛さだ。ハゲた独身中年だけどさ。可愛いから、という理由で Mac を使ってしまっているわ。
 
 2015 年 3 月ごろかな。新しい MacBook が発表された時、思ったことがある。
 これ、女性向けに作ってないか。
 初代の MacBook 、あの白ポリカの MacBook は、アメリカでは女性に人気だったと聞いたことがある。おれもニューヨーク辺りを撮ったニュース映像で、女の人が白ポリカの MacBook を手に持って歩いているのを、だいぶ前に見た。まだ使ってんのかよ、と驚いたものだった。
 というのも、白ポリカの MacBook が売り場から姿を消して、ずいぶんたった頃だったから。この Mac が消えてから、Apple のラインナップは全部アルミ色の、工業製品みたいになってしまった。
 そこへ、MacBook というシリーズを復活させるのだ。女性客を意識して、色を選べるくらいのことはしてもおかしくない。

 しかし、白ポリカの MacBook と、今の 12 インチ、やっぱり違うよね。
 今の MacBook はひたすらオサレで、可愛くはない。白ポリカは、なんか可愛かったのである。
 あの、海を渡った変な日本語、Kawaii って感じだ。
 Apple って、ロゴや社名もそうなんだけど、みょうに可愛い感じをわかっている。旧 OS のなにが良かったって、アイコンが可愛かった。日本語フォントさえ可愛かった。ジョブズが復帰してからも、例えば初代 iMac は可愛かった。シェル型の iBook もだ。OS X になってからだいぶ怪しくなってきたものの、ポリカーボネート時代では、eMac が可愛かった。もちろん、先述の MacBook も。いや、アルミ時代に入っても Mac mini や MacBook Air は可愛さをどうにか受け継いでいると思う。

 おれはジョブズって案外、可愛い物好きだったんじゃないかと推量している。
 ジョブズは、評伝によると、社員に怒鳴り散らし、平然と侮辱し、残酷に解雇する怖い男だったらしい。そもそも Apple からして、日本の中小企業をだますような真似をしている、クソ企業である。
 ジョブズのエピソードは、思い出すだけで人を憂鬱にさせる。破天荒社長の豪快エピソード、という感じではなく、ジョブズの逸話はどれもヒステリックで、陰惨で、誰かが不幸になって終わる印象がある。
 そういう男が本当に可愛いもの好きだったら、すこし、おもしろい。
(もっとも、ジョブズが復帰した当時の Apple は、社員がダラけて、ひどい状態だったという話も聞いたことがある)

 ジョブズの死去で可愛い感覚が会社から取り払われてしまったとしたら、Apple っておれにとって、本当にただのクソ会社だ。Mac Pro の形状——あの黒いクズカゴみたいなやつ——を吟味すると、ちょっと心配になってくるんだよね。
 またユーザの多くも、もう可愛さなんてまったく求めてない気がする。むしろ、可愛さいらねー、可愛くすんじゃねぇよって感じになってないか。
 あれだよね。Finder のアイコン。Finder のアイコンが変わったら、Apple は別に局面に達したと判断できるだろうね。キリッ。

 というわけで、可愛いのが出たら買おう。11 インチが本当に廃止されて、MacBook になんのアップデートもなされなかったら、また考えよう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です