不起訴の ASKA さん、尿検査の尿のすり替えを激白

aska_burnishstone’s diary

 なんで Hatena Blog なんだろう。
 とか思ってしまうが、ともかく!


スポンサード リンク

 Apple のアカウントが一週間で二度も書きかえられてしまったことに危機感を覚えた ASKA さんは警察に連絡。
 やってきた警察のひとは ASKA さんに失礼な言辞を弄して尿検査を要求。
 ……これは、なにもなくても陽性にされてしまうのでは?
 ASKA さんは用心して、お茶をスポイトで取り、それを提出したのだった。
 結果はなぜか陽性。
 
 これにはひとつの理由があるのです、と ASKA さんはブログで語っている。科捜研が間違えているわけではない、と。
 ただし、今は語れない、とも書いてる。
 そして改めて無罪を主張してもいる。
 
 真面目に考えると、たしかに、Apple のアカウントが書きかえられることってあり得る。アメリカでは、セレブが iCloud に残したプライベート写真が流出した、という騒ぎがあったはず。
 あの時はたしか、誕生日やペットの名前からパスワードを推測されて破られる、という手口だった。
 ASKA さんのパスワードが推測されやすいものだったら、破られる可能性は十分にあるだろう。
 
 そういう事態に遭遇したとして、警察に訴えるのもわかる。
 警察が ASKA さんの挙動に不審を覚えて、尿検査を要求した、それもわかる(これについて ASKA さんは「人権侵害」と述べている。そうかもしれない)。
 しかし、検尿にお茶を提出したのに、陽性になるっていうのはなんだろう。
 これについて ASKA さんは、

もう一度、書かせてください。

近いうちに、

詳細を語らせていただきます。

先ほどのエントリーを、読み直してみました。 – aska_burnishstone’s diary

 と、いまは語れないものの、いずれ明らかにする旨を再三書いている。
 なんかちょっと、目が離せない感じになってきたな。
 おもしろがるわけじゃないけど。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です