爆笑問題・太田さん、トランプさんと会っていた

「ガープの世界」とか「ホテル・ニューハンプシャー」で、世界的に有名な作家 J・アーヴィングに、太田さんが会いにいった、という話は聞いたことがあった。
「サラバ」の作家・西加奈子さんが日曜サンデーのゲストの時、その話になった。
 なにか雑誌の企画でいったみたい。
「サリンジャーのことどう思ってるの?」
 太田さんがアーヴィングに質問したら、
「大嫌い」という返事だった、というのを覚えている。
 このニューヨーク旅行で、たしか太田さんはウッディ・アレンにも会っていると思う。それにとどまらず、トランプさんとも会っていた、らしい。
 本人はまったく記憶にない様子なのだ。


スポンサード リンク

 独立記念日のちょいあと、光代社長の誕生日 7 月 6 日のころだった。
 ブルックリンに、古くからある、おいしいステーキハウスがあると聞いて、出版社のひと、太田さんと光代社長、みんなでいった。
 出版社のひとが気をきかせて、店に光代社長の誕生日のことを伝えていてくれていたらしい、ハッピーバースデーっつって、厨房からもひとが出てきて、他のお客さんも全員で祝ってくれた。
 太田さんもそこまでは覚えている。で、そのなかに、たまたまお客さんできていたトランプさんがいたんだって。
 太田さんはそのとき、出版社のひとから「トランプさんがいた」と聞いていたようだが、すっかり忘れていた、というそういう話。
 つまり会ったというより見た、見たというか認識してないと思われるので、同じ場所にいたことがある、ということだろう。

 ニューヨークっていうと、田中さんの、友達とアメリカを一周する旅行のビデオを思い出す。
 これすごい好き。しょっぱなの、眼鏡の大きいのでもう笑ってしまう。

 きょうはそれと、爆笑問題と大槻ケンヂさんのトークが、すげーおもしろかったな。むかしのミュージシャンや芸人さんの凄まじさは、もう笑うしかない。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です