文庫 X の中身は、たしかに面白かった

 本にカバーをかけて書名を隠し、さらにビニール梱包して中身を見られないようにした、書店おすすめの本が売れてるらしい。
 産経フォトの記事が詳しい。
 
 

タイトルや著者名、出版元…。通常は本を買う手掛かりとなる情報を手書きの表紙で覆い隠し、「文庫X」と銘打った謎の本が快調に売れている。

 謎の「文庫X」全国に拡散 書名と著者名、紙で隠す
 
 こいつはよほどのレア本か、とわくわくしたけど、ググってみたらおれの知ってる本だった。以下ネタバレ注意。


スポンサード リンク

 あくまでネットの噂だが、中身は清水潔の「殺人犯はそこにいる」らしい。

 群馬と栃木で、似た手口の誘拐殺人事件が起きている——。これはひとりの犯人による連続殺人事件ではないのか?
 事件記者の清水潔は、二県にまたがる事件の類似に気づく。しかしそれを証明するには、大きな障害があった。
 同一犯と思われる類似事件のうちのひとつ、足利事件では、犯人がすでに逮捕されて刑に服しているのだ。しかも、ガッチガチの証拠——DNA 検査による証拠によって、である。これをくつがえすのは無理、と周囲にいわれながらも、著者は孤独な調査を開始する。事態が、思いがけない展開をむかえる、とはまだ知らずに。
 
 これ、確かに驚くべき調査の記録なんである。
 確かに、誰かに読ませたいと思ってしまう。
 文章や構成もサスペンスフルで、読みやすいし、おもしろい。
 この本に出てくる「ルパン」と呼称される男の写真が、実はネットに出回ってるんじゃねぇかな、などと無駄に検索したりしてしまう。
 なにより、著者の清水さんが熱いんだよね。
 著者が描く自身のすがたは最初、いかにも無頼のフリージャーナリストっていう風貌で、大人の醒めた感じをかもしてさえいる。それが、状況が煮つまってくると、このひとの熱を帯びた言葉がビシッ、ビシッと決まるんだよね。そのたたみかけが圧倒的。批判すべきを批判するっていう、その正当さが、なんか人間の芯みたいなところに響く。ペンの力ってこういうことか、と思う。著者の怒りも、ヨレない文章で伝わってくる。読み終えるとため息ついちゃう。
 
 同じ著者の「桶川ストーカー殺人事件 —遺言—」も凄かった。こっちのほうがショックだったな、おれは。読み終わった後におぼえる上尾警察署に対する怒り。思い出しても腹が立つもんな。
 暴力にさらされる市民を、警察が守らない、という事態が現実にあったのだ。著者の、最初の取材をうける若い男女は、警察をまるであてにしておらず、小松の率いるミニ・マフィアのほうにおびえていた。
 市民の必死の訴えを、警察が隠蔽する、という事態が本当にあったのだ。嘘みたいな本当の話である。しかも、警察が組織の体面をたもつためにやったらしい、と聞けばがっかりしてしまう。二時間ドラマみたいにしょぼい。
 本の最後のほうで描かれた、驚嘆すべき上尾警察署の記者会見、じつは YouTune で見ることができる。組織が悪い、法律もなかった、なにより犯人グループが一番悪い。しかし、刑事二課長のニヤニヤ笑いは永遠にネットのなかに残るかもしれない。
 
 そういえば、都知事選に出馬した鳥越俊太郎が、「殺人犯はそこにいる」に出てくるんだよな。なんか笑っちゃう。
 
 というわけで、上記二冊の清水潔氏の本はすばらしいと思う。けど、文庫 X については、なんか好きになれない。エロ本みてぇな売り方だな、とか思っちゃった。ま、大成功したみたいなので、本屋さんの勝ちだけどね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です