ゲーム・オブ・スローンズ、シーズン 6 がもうすぐ Hulu にくーるー

 たぶん、ひとシーズンがドンと一度にくるのと思う。今回は一気見せずに、一日一話と刻んでいこうと思ってる。
 このシリーズ、最初は展開がすっトロくて見るのやめようかと思ったけど、一話、また一話と眺めているうちに止まらなくなったな。もともと中世欧州風のファンタジーが好きってのもある。ターガリエン家の姫、デナーリスが奴隷を解放するところとか鳥肌がたって体が震えたよ。すげーかっこいいんだよ。
 以下、ネタバレ。
 
“ゲーム・オブ・スローンズ、シーズン 6 がもうすぐ Hulu にくーるー” の続きを読む

カレイの煮付けで思い出したこと

 きょうの夕食がカレイの煮付けだった。
 好物だとおっしゃる方や、漁師の方にはもうしわけない、おれは子供のころ、あんまり好きじゃなかった。
 まず、食べづらいんだよな。骨が多いし、その骨が硬いしよ。白身の味も別段これといって、うまいとも思わなかった。
 だから今夜も、ああ、カレイだなぁ。カレイきちゃったなぁ、と思いながら食べはじめたわけ。
 そしたら別に、それほどマズくもねぇのな。骨だってむしろ取りやすいわ。子供のころの印象なんてアレだな。ぜんぜんだな。子供に判断まかせちゃ駄目だな。
 骨から白身を離して、ごはんといっしょにハフハフ喰ってたら、ふと思い出すことがあった。子供のころの記憶がよみがえってきた。マルセル・プルーストの再来かと思ったよ。

“カレイの煮付けで思い出したこと” の続きを読む

ハゲてみてわかったこと

 二十代後半くらいからハゲはじめていて、四十になる手前ですでに、額から頭頂部へかけて毛がほとんどなくなっていた。
 それでも、側頭部の髪を伸ばして頭頂へかぶせ、反対側の髪も折りたたむようにハゲ部分に乗せて、ハゲを隠しつづけていた。もともと癖毛である。そんなやり方でも意外にふんわりと、ハゲ部分を覆い、毛の量が多いように見せられていたんである。
 もっとも、じっくり観察されると余裕でバレる隠し方ではあった。回りのひとがみんな優しかったので、軽くつっこまれるくらいですんでいたのだ。

“ハゲてみてわかったこと” の続きを読む