ジョニー・アイブ、Touch Bar を語る。

 CNETの「ジョニー・アイブ氏、『MacBook Pro』の新機能『Touch Bar』開発秘話を語る」という記事を読んだ。
 動画で見るアイブ氏は、上品な声で、おだやかに話す。そして難しいことを伝えようとしてくる。抽象的、というか。
 上記のインタビュー記事もそんな感じの口調である。これを、あえてくだけた口調にし、インタビューの箇所だけ要約してみた。
 もの凄くいい加減で、不完全で、間違いの多いおれの解釈が混じっている。正確な文章は上記のリンクで。アイブ氏の実際の言葉は、広がりがあり、さまざま考えさせられる。ここではそういう部分をバッサリ落として、おれの解釈を優先した。


スポンサード リンク

  • ってか、なんで Touch Bar ?

「いろんなこと試すんだけどね、飽きてきちゃうアイディアも多い。やっぱ従来型のキーボードって素敵やん? ってことに気づいた」

  • これ、なにがしたかったん?

 「キーボードでの入力、タッチでの入力。
 このふたつの入力方法を、いい感じに組みあわせたかった。
 タッチできる部分は柔軟だけど、柔軟すぎてカオスにならないよう、ユーザが予測できる入力メカニズムを提供したかった。
 それをやりやすそうなのが、ファンクションキーの一列だったわけ。
 とにかく、プロトタイプを作るのが大変だったよ。タッチバーっていうアイディアが悪いのか、それともプロトタイプが未熟なのか、という見極めが必要だし」

  • 開発は、どのくらい時間かかった?

「出来のいいプロトタイプが完成したのが、2 年前。
 触覚フィードバックのある、でっかいトラックパッド、ってのを試してた。そこから派生して、キーボードに組みこんだ Touch Bar ってのを考えた。最初はくそダサだったわけ。
 しょうがねーから、ディスプレイベースでカラフルにしたよ。これが、どハマりした。
 でもこれ、まだまだ先があるから。これは始まり。
 ただね、あんまりすっ飛ばさないように、今までのやり方とぶつからないようにも心がけた。洗練させたわけ」

  • MacBook Pro に採用するアイディア、他のデバイスに取り入れるアイディア、どうやって決めてる?

「入力と出力かな。
 それが違えば、別の製品ってことだから。いろいろ試して、製品にあったやり方を採用してるよ」

  • Mac、iPad、iPhone、それぞれ、どういうアプローチしてデザインしてる?

 「素材」

  • 例は?

 「例をあげるのは無理。
 ずっとこのアプローチでやってるし、いい感じにできてるよ」

  • マカーは Mac に思い入れ強いけど、そのへんは考慮する?

「しねーよ。
 縛られたくねぇ。ただ、やみくもに奇抜なことはしないよ」

  • タッチスクリーンの MacBook Pro 、なんでやらないの?

「どう考えても、Mac でそれをする意味がないから」

  • なんで?

「それについては話したくねぇな。いまやってることにも触れてくるし」

 だいたいこんな感じ。
 これ読んで思ったのはさ。
 キーボードなんか、とっ払っちゃって、もう全部、タッチできる領域にしてしまう、キーボードなんか iPad みたいに画面表示にしちゃう、というアイディア。
 ニンテンドー DS みたいに、二面にするやつ。YOGA Book とか。
 そういうの、アイブ氏はすでに試してそうだな。
 おれは Touch Bar のその先って、だんだんタッチできる領域が広がってくるってオチじゃねーの、と思ってた。最終的には iPad が下で、上に ディスプレイがついた状態になりそう、みたいな。
 指先に振動がある、デカいタッチトラックパッドを試していた、というあたりが怪しい、と思うんだ。
 でも、タッチスクリーンの画面を押すと振動を返す、みたいなのは難しい。
 だから今は、Touch Bar くらいで大人しくしておいてやるよ。
 そういうことを、このインタビューは物語ってないか、と思った。

 けど逆に、二面ディスプレイ、試したけどイマイチだったので、Touch Bar に落着した、というふうにも読めるんだよな。
 まぁしかし、そろそろ MacBook Pro が出荷されはじめるらしいので、楽しみだ。みなさん、どういう評価を下すんでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です