南馬宿村の HP がおもしろすぎる

 まずは見て欲しい。


スポンサード リンク

 なんかの拍子にたどりつけば、「そういう村があるんだな」くらいに思ってしまいそうな出来である。しかしこれ、架空の村を設定したネタサイト。
 画像を流し見するだけでも、なんか変だな、と感じる。文章を読みだすともうあきらかにおかしい。

優遇税制と言う言い方は正しくないかもしれませんが、村民の大半が自給自足の生活をしています。また”物々交換”や”物と労力”の交換がとても盛んです。

 トップページからしてこれだ。通貨がゆきわたっていないので、事実上課税できない、と書いてある。お金をもって大根を買おうとしても売ってくれないらしい。
 っていうかもう、いろいろひどい。

  • 電話回線が通っていない。
  • 電気、水道、ガスはない。
  • 住民が非友好的で凶暴。
  • しょうもない感じのイベントがたくさんある。
  • しょうもないイベントでも参加厳守。
  • 参加しないと村八分
  • 住民から仕事を押しつけられる。
  • 断ると村八分。
  • デジタルなものを持ちこむと、肥をかけられる。
  • 悪くすると村八分。

 というわけで、なにかと村八分にされる。
 村長の独り言、というページを見ると、

今月移住した山浦氏が、アジェンダという言葉を繰り返し村八分にされました

 とか書いてある。
 この村八分のページが、ネタにしても怖い。

村八分は時間が解決することはありません
村八分にされても時間が解決するだろうと思ったら大きな間違い。本人が生きている間はもちろん、それは継承され末代まで解けることはありません。

 ひでぇwww
 軽い村八分の例として、いきなり「ライフラインを寸断される」だから。
 重い村八分だと、「道路を歩いていると軽トラックが突っ込んでくる」だって。
「南馬宿通信」っていうページに、「今月の村八分」みたいなコーナーがあって、読むとだいたいのひとが、村八分のすえに殺されてるな。

村八分になりたくなければ安易に田舎暮らしをしよう等と絶対に考えないことです。
・田舎はユートピアでも桃源郷でもありません、そこは地獄です
・田舎暮らしを推奨する番組や本は罠だと思うべし

 おもしろうて、やがて悲しきって感じがしてくる。
 地方の過疎とか高齢化とか、とにかくスパッといかないんだよね。長くねばってまとわりついてくる。解決しようと思ったら時間がかかるわけ。
 しかしその点、この南馬宿村は問題はほぼない。
 だって高齢化が深刻で、もう 37 年も成人式をやってないのである。
 10 年、20 年したら、ほぼ滅亡状態になるだろう。さっぱりしたところで、また最初からやり直すか、あるいはもう廃村でもいいんじゃねぇかな。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です