SKK は、おれにとっては執筆の主導権

 普段から、日本語入力のゆきつく先、というか帰るところは SKK じゃあるまいか、と思うところがある。
 SKK っていうのは、ローマ字入力で打鍵していくと、ひらがなが、一文字一文字、確定した状態で打ちこまれる、というインプットメソッドである。aisiteru と打ちこめば、あいしてる、と、ひらがなが打ちこまれる。他の日本語入力プログラムみたいに、アンダーラインがついて、愛してる、という変換候補が表示されたりしない。
 漢字を打ちこみたくなったら、シフトキーを押して、ローマ字入力する。Ai と打ちこむことで、変換候補「愛」があらわれるわけ。プログラムは、自分からはいっさい漢字変換しない。つねにおのれ、なのである。自分で漢字変換する。おのれが決める。
 紙に文章を書くのととても良く似ていると、おれは思っている。今までで一番新しい万年筆だと。


スポンサード リンク

 ことえり、をはじめとする日本語入力のなにが気に食わないって、書いた文章の下にアンダーラインがつくことだ。これがベタついて感じられる。粘着力があって、先へ進めない感じ。打っても打っても、後ろに引き戻そうとする力が働いてくる。
 手書きではこういう変な力は働かないわけで、これは不自然だ。しかし、パソコンで手書きの感覚ってのも馬鹿馬鹿しいわけで、これはこれでいいんだろう、と納得していた。
 けどやっぱ、そんなんじゃねぇんだ。
 SKK に慣れてくると、いつも自分が文章の先端にいて、迷いながらも自分で道を選ぶ感覚が取り戻せる。

 おれはもう Mac も Windows も SKK だし、AZIK というローマ字入力法も覚えたし、Keyhac さまの使い方にも慣れて、スペースキーにシフトキーの役割を持たせた。キャップスロックをコントロールキーにカスタマイズしたし、なんも問題ない。
 んが、しかし。
 SKK にはひとつだけ、弱点がある。
 誰かの文章を書き写す時。
 そういう時だけは断然、ことえりとかのほうが速いのだ。

 つまり、ことえり等のインプットメソッドの場合、元の文章から目を離さずにブラインドタッチできる。一文打ち終わったら画面に目を戻し、変換していく、という作業になる。
 これを SKK でやろうとすると、元の文に漢字が出てくるたびに画面に目を戻さなければならない。なかなか先に進まないのだ。ひらがなだけの文章ってものがあったら、SKK でも充分に速いんだろうけどね。
(もともと、SKK ってのは入力速度を上げるというものでもない)

 OS X 10.11 エル・キャピタンから、ことえりではライブ入力、というのが出来るようになった。
 ローマ字入力でひらがなを打ちこんでいくと、スペースキーを押さなくても、文章の漢字がつぎつぎと適切に変換されていく。というもの。
 ことえりは以前から長文入力での漢字変換を強化していたし、Google 日本語入力なんかも、その方向で進化していたように思う。
 これ、現行の IM の粘りつく嫌な感じを払拭し、かつ、SKK の弱点を補うことになりはしないか。
 使い慣れてみると、悪くはない。特に長文を打つ場合や、決まりきった文句しか書かないメールなどで力を発揮する。

 けど、おれが SKK 心地良く思う点は、漢字にするか、ひらがなにするか、という選択をその都度、その場で決められる点なのだな、ということもわかった。
「歩いてゆく」と、「あるいてゆく」では行き先が違うような気がする。
「思う」と「おもう」では、主語のひとの性格が違って見える。
 おれはそれほど、敏感な言葉の使い手じゃないけどさ。
 けど小説創作のときは、漢字にするか、ひらがなにするかという選択の主導権はもっておきたい。という気がする。

 ただな。
 AI ってのが馬鹿みたいに進化してるから、漢字にするか、ひらがなにするかの判断もいつか、コンピュータのほうがうまくやったりするのかも、なんだよな。

スポンサードリンク