Ulysses のファイルが iCloud と同期されない

 MacBook を買って、さっそく Ulysses をダウンロードした。
 Ulysses は、文章執筆用のソフト。書いた文章を、他のデバイスと共有したり、バックアップするのに iCloud を使用する。
 Ulysses を起動すれば、iCloud 上のファイルを同期してくれるはず、なんである。
 なんだけど、うまくいかない。

“Ulysses のファイルが iCloud と同期されない”の続きを読む

Ulysses で定義したマークアップの変更の仕方がわかったよ、やっと

 Ulysses で AquaSKK を使用する際、不具合があるよ、という話を書いた。
 この記事の最後のほうでごちゃごちゃと、定義を変更すると元に戻せなくなるかも、みたいな話もつけくわえている。
 事実、バージョン 2.6 においては、下手に定義を変更すると元に戻せなくなる、という現象がおれの環境では発生したのである。
 もし、同じ現象に苦しんでいるひとがあったら、以下を試して欲しい。

“Ulysses で定義したマークアップの変更の仕方がわかったよ、やっと”の続きを読む

Ulysses で AquaSKK を使うさいの注意

 Ulysses という Mac の執筆ソフトウェアにおいて、日本語入力ソフト、AquaSKK を使うのには難がある。SKK という日本語入力プログラムは伝統的に、送り仮名を打つとき、アスタリスク「 * 」という記号を使用する。
 このアスタリスク、Ulysses 内においては太字を示す記号として使用されているのだ。AquaSKK の送り仮名の記号と、Ulysses の太字の記号が、おなじアスタリスクで、ぶつかっているのである。
 エディタであるところの Ulysses で送り仮名を打つたびに、フリーズにちかい不具合が生じる。文章を書くどころではない。
 とはいえ、Ulysses では使う記号を編集できる。アスタリスクを使わないようにすればいい。

“Ulysses で AquaSKK を使うさいの注意”の続きを読む

Ulysses っての、けっこういいな

 この文章、Ulysses という執筆のためのソフトウェアで書いている。
 小説や記事なんかを書く同種のソフトウェアに、Scrivener っていうのがあり、おれはちょっと使っていたことがあった。スクリブナ、と読むらしい。Mac で文章を書く人には有名なアプリケーションだ。
 スクリブナっていうのは、写真や web の記事を好き放題、放りこんで資料作りが出来る柔軟さがあり、3 Mb くらいあるテキストでも、つっかえることなく編集できる軽快さがあった。コルクボードにカードを貼るみたいにして構成するモードなんかあって、創作してる、という雰囲気がよく出来ていたように思う。
 わりと気に入っていた。

“Ulysses っての、けっこういいな”の続きを読む