トランプ激おこのマル秘メモ。ロシアがつかんだ私生活の不名誉な情報はなにか

 日本時間 12 日未明、トランプさんは記者会見をおこなった。
 大統領選の勝利以来はじめて、ってことで注目を集めたが、米マスコミはそれ以外にも注目していたポイントがあったようだ。
 ロシアがつかんだトランプさんの不名誉な情報、というやつだ。


スポンサード リンク

 米ニュースサイト「バズフィード」などが、 会見の前日に 35 ページものメモを公表したのである。
 
 トランプ氏とロシアめぐる疑惑文書 BuzzFeedによる全文公開とその反応
 
 トランプさんについてロシアがどんな情報を入手したか、を調査したメモらしい。クリストファー・スティールさんっていう、元英国情報員が準備した、と書いてある。これ、真偽のほどは確認されてない。つづりの間違いとかもあって、あやしい。
 存在自体は数ヶ月前から知られていて、米国議員や情報当局、報道関係者のあいだに出回っていた。
 

メモでは、トランプ氏が2013年、モスクワのホテルに宿泊した際に盗撮された売春婦とのセックス動画についての言及があったという。オバマ米大統領夫妻が就寝したとされるベッドに売春婦が放尿したとの記述もあるとされる。
トランプ氏大荒れ初会見 買春ビデオ追及「すべて偽情報」猛烈反発 「ロシアが入手」情報出回る (2/3ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

 こんなことが書いてあるみたい。
 会見では当然、このメモについての質問が飛んだ。
 トランプ次期大統領は疑惑について全面否定。「フェイク・ニュースだ」としている。売春婦のおしっこに関してだろう、「わたしは非常に潔癖症だ」みたいなコメントもしててちょっと笑う。
 
 トランプさんは、バズフィードにメモが公表された時点で、怒りのツイートを連発している。
「フェイク(虚偽)ニュース。政治的な魔女狩りそのものだ!」
「私たちはナチス・ドイツに住んでいるのか」
 みたいな感じらしい。
 
 公表したバズフィードも非難を受けた。
 裏取りできてない怪文書を出してんじゃねーよ、みたいなことだろう。

トランプ氏支持者で保守的なラジオ番組の司会者、ローラ・イングラハム氏は、ニュースサイトlifezette.comの記事で、調査文書の公開を「ジャーナリズム倫理の驚くべき崩壊」と表現した。トランプ次期大統領は、この記事をTwitterで#FakeNewsのタグをつけて引用した。
トランプ氏とロシアめぐる疑惑文書 BuzzFeedによる全文公開とその反応

 
 バズフィードの編集長ベン・スミスってひとが、公表した理由を説明している。
 

この決断はジャーナリズムにおける透明性を担保し、持っている情報は読者に提供するという前提に基づいています。可能なかぎり情報を共有する姿勢を保ってきました。今回の調査文書はすでに、アメリカ政府高官や報道関係者の間で広く出回っています。
トランプ氏とロシアめぐる疑惑文書 BuzzFeedによる全文公開とその反応

 トランプさんが KGB かなんかにセックスを盗撮されてたら、確かに笑うけどさ。
 つーか、実際ロシアはそういうことすんのかもしれないけどさ。
 
 むかし、北海道の国会議員がハニートラップに引っかかって、ベッドの動画を撮影された、みたいな都市伝説的なものがあったよな、そういえば。それをネタに脅されてたら、くだんの国会議員は、
「好きにしろ。女房には土下座して許してもらうし、有権者はおれの絶倫ぶりを褒めてくれる」
 みたいに居直って、KGB は手を引かざるを得なかった、というオチだった。
 
 しかし、トランプさんの今回の件。反トランプっぽい匂いがぷんぷんするんだよな。なんとも評価できんね。

スポンサードリンク