corvusSKK で、日本語配列のキーボードにおいて AZIK で打鍵する場合、「思った」のような「っ」で送り仮名を指定できないときー!

 最近 Lenovo の安いノートパソコンを買いまして、さっそく CorvusSKK をぶちこんでみました。
 AZIK でもってバリバリ打ちこみたいってことで、親切にも github で公開してくれている設定ファイルを読みこませたわけです。これでだいたいはうまくいったんだけど、ひとつ、どうしてもうまくいかない箇所があるわけ。

スポンサード リンク

 通常、AZIK の打鍵法っていうのは、促音の小さい「っ」を、キーボードの[;]キーで打つ。
 AZIK の設定ファイルを読みこませた CorvusSKK も、もちろん、ちゃんと[;]キーで「っ」の文字を吐き出してくれる。

 ただ、例えば「買った」「思った」「困った」のように、小さい「っ」を送り仮名に指定しようとしても、なぜかうまくいかないんだよね。
「か+た」「おも+た」「こま+た」
 って、なっちゃう。
 すべてのひとがそうなる、といいたいんじゃなくて、おれの場合はそうなっちゃう。

 キーボードを見下ろすと、[;]キーには[+]という字が印字されており、つまりは Shift + [;]キーだと、[+]を表示する、という機能のほうが優先されている感じみたいだ。
「か*った」「おも*った」「こま*った」(*は変換位置を表す)
 ってなって欲しいんだけど、シフトを押しても変換位置としても認識されないようなのである。

 それでだいぶ悩んだんだけど、CorvusSKK にはちゃーんと「変換位置」に関する設定があるのだった。
 
 
 結論からいうと、上記画像のように、
開始 [+]
代替 [;]
送り [t]
 としたものを登録すればいい。
 送りの[t]は、別に t じゃなくても良さそうなもんだけど、例えば[z]だと前置に使う z ととして扱われたりする。「っ」の t として扱ってもらうための t なんである。

 これでもう、あとはチャキチャキと打つばかり。大満足している。
 CorvusSKK は細やかに打鍵に関する設定ができるので、便利に使わせていただいています。

スポンサードリンク