ラジコの番組表を検索するスクリプト、おれも作ってみた……。

2018年1月10日

 前回の記事ザリガニが見ていた…。さんのスクリプトを紹介し、そのさいに、ラジコの番組表を検索する「find_radiko.sh」がうまく動かない、みたいなことを書いた。
(たぶん、ラジコの仕様の変更で)。

 ということで低い水準ながら自分で作ってみた。すげー大変で勉強になりました。


スポンサード リンク

🦎 findrajiko.sh

 阿呆みたいに長くなっちゃった。

  • 最初にエリアコードを記入する必要がある。「findrajiko.sh -a」と実行すると、エリアコードの数字が出てくるので、それをスクリプト内の「area=’xx’」の xx に記入して保存する(デフォルトは東京のコード 13 になっている)。
  • 検索するのは番組名と出演者だけ。なので、例えばキノコが大好きなひとが、キノコを特集する番組を探すべく「きのこ」と検索しても、期待される結果は返ってこない。
  • どちらかというと、未知の番組を探すとかではなく、timer コマンドに入力するための文字列を出力させるために使う。

使い方

  • 基本は「sh findrajiko.sh 検索文字」
  • 「-s 放送局ID」をつけるとその局だけ検索する。例えば「sh findrajiko.sh -s TBS 爆笑問題」とやれば、TBS の番組だけを検索する。
  • 「-A 県名」とやれば、他県の番組を検索できる。例えば「sh findrajiko.sh -A 広島 ごぜん様さま」など。
  • うまく動かなかったらすみません。

 こんな感じで出力される(はず)。単発の予約なら【単発予約】の、

 これをコピペして timer コマンドを実行すると、番組が予約できる、はず。
 毎週の予約にするなら、【週間予約】のほうを実行する。
 保存場所はダウンロードフォルダに作られる「radikoru」フォルダ。これを変更する場合は「-o radikoru/」を書き換える。デスクトップに Radio フォルダを作るとしたら、「-o ../Desktop/Radio/」でいけるはず。ただし、パスに日本語フォルダは入らないほうがいい、ような気がする。

 🍪 この項、間違いを見つけ次第、修正する予定です。
 01/10 曜日がうまく表示されなかったのを直した。

スポンサードリンク