Hammerspoon で、左右のコマンドキーに英数キー、かなキーのやつ

2017年2月10日

 ⌘英かなを利用して、コマンドキーを英数キー、かなキーとして使わせていただいております。ありがとうございます。
 同じことを Hammerspoon でやれば、SandS と一緒に使えて便利なんじゃね、ということで作ってみることにした。
 US キーボードにおいて、左のコマンドキーに英数キーの機能を、右のコマンドキーにかなキーの機能を付加する。


スポンサード リンク

 なんとか自力でやりたかったんだけど結局ググった。そのものズバリのページにめぐりあい、もう本当ごめんなさいって感じなんですけど、変数の部分と最初のほうの関数の部分を全コピーさせていただきました。
 こちらのページです。

macOS SierraにアップデートしてHammerspoonでCommandキーにかなと英数を割り当てた | mizoguche.info

init.lua

 下のほうは自分でやってみたんだけど。
 変数をやたら作ってフラグをこしらえて、if を重ねて重ねて条件をしぼっていくのって、小学生並みというか、たぶん可読性って意味でもあんまり感心されない? 感じなんだろうか。わかっちゃいるんだけど、こうなっちゃった。

 なにがしたかったのかというと、⌘ + S で保存したり、⌘ + Tab でアプリケーションを切替えたりする時、コマンドキーをコマンドキーとして使った時は、IM に影響を与えないようにしたかったんである。
 コマンドキーを単独で押した時だけ、英数キー、かなキー入力にしたかった。

 これを前に作った SandS に組みあわせると、スクリプトはぐちゃぐちゃになるけど、一応動く。

(※ 関数をグローバル変数に入れて実行する形にした。17-02-09)

 すげー長くなっちゃった。
 時々、まったく効かなくなってしまう、という不具合があるんだけど、それは直ってない。これが直ればけっこういい感じになりそう、と思うんだけどね。
 直ったかもしれない。

スポンサードリンク