【Mac】Mac で Youtube 等の動画をダウンロードする究極のツールは、youtube-dl でしょうな

 きょうび、ダウンロードて。
 という話はある。ダウンロードは違法らしいので。
 しかし、どうしても動画をダウンロードしなくちゃいけないシチュエーションというのも、これはあるっしょ。
 そんな時、ターミナルでさくっとダウンロードできないものか。
 という場合は、youtube-dl がおすすめ。
youtube-dl 動画URL
 これでいけちゃうんである。


スポンサード リンク

📺 インストールとアップデート

 インストールは簡単。
 🔗 youtube-dl

 上記サイトに記載されているコードをターミナルで実行するだけ。


sudo curl -L https://yt-dl.org/downloads/latest/youtube-dl -o /usr/local/bin/youtube-dl
sudo chmod a+rx /usr/local/bin/youtube-dl

 /usr/local/bin/ にインストールされるようだ。
 Homebrew でもインストールできる。


brew install youtube-dl

 youtube-dl はわりと頻繁にアップデートされる。
 無数の動画サイトに対応するためではないかと思われる。アップデートは、
 


youtube-dl -U

 でいいらしい。場合によっては「sudo」が必要かもしれない。
 Homebrew でインストールした場合は、


brew upgrade youtube-dl

 ということだと思う。

📺 使い方

 上述したように、
 


youtube-dl 動画URL

 で、カレントディレクトリにダウンロードされる。
 対応している動画サイトの数がすごい。

 🔗 youtube-dl 対応しているサイト一覧 · GitHub
 
 ちなみに、
 


youtube-dl --extractor-description

 で、対応サイトを表示することもできる。
 ニコ動とかビリビリ動画も入っており、だいたい主要なサイトはある感じ。エロいのもあるよ。
 ただし、日本のアニメを勝手に配信してるような、あきらかな違法なサイトは対応しない方針みたいだ。
 
 カレントディレクトリ(ターミナル上で現在いるところ)じゃなくて、例えばムービーフォルダにダウンロードして欲しいんだよなぁ。
 という場合は、「 -o 」オプションを使うんだけど、ちょっとややこしい。
 


youtube-dl -o "~/Movies/%(title)s.%(ext)s" 動画URL

 
 こんな風に書くみたい。%(title)s というのは動画のタイトルで、%(ext)s というのは動画の拡張子。
 %(url)s.%(ext)s
 にすれば、動画URL をファイル名にすることもできる。このファイル出力のテンプレートはなんか異様に充実していて、%(creator)s にすればビデオの制作者だし、%(location)s にすれば撮影地になるらしい。
(参考 🔗 GitHub – youtube-dl

 %(title)s とか、毎回書くのダルい。
 という場合は、設定ファイルに書きこんでしまえばいい。
 設定ファイルの場所はここ。


~/.config/youtube-dl/config

 ファインダーで cmd + shift + G を押すと出てくる記入欄に「~/.config」と書きこんで移動する。(なければホームフォルダに「.config」というフォルダを作る)。そのなかに「youtube-dl」というフォルダを作り、さらにその中に「config」という書類を作るわけ。書類は普通に UTF-8、LF のやつでいいと思う。
 その書類に、
 


-o ~/Movies/%(title)s.%(ext)s

 と書きこんでおけば、「youtube-dl 動画URL」だけで、毎回ムービーフォルダに保存される。
(参考 🔗 GitHub – youtube-dl

📺 オプションが豊富

 オプションはたくさんある。
 この辺、むずかしくわかんないので、下記をごらんください。

 🔗 youtube-dl GitHub


youtube-dl -a list.txt

 「-a リスト」で、リストにした URL から、順番に動画をダウンロードしてくれる。


youtube-dl -x 動画URL

 で、音声だけ剥ぎ取ってくれる。


youtube-dl -f flv 動画URL

 「-f」でフォーマットを指定できるらしいんだけど、よくわからない。
(参考 🔗 youtube-dl GitHub

「-e 動画URL」で動画をダウンロードせず、動画のタイトルだけを表示する。
「-g 動画URL」で、動画のアドレスを返してくれる。
「–get-thumbnail」で、動画のサムネのアドレスだけ返してくる。

 などなど。

 なお、当記事は違法行為を推奨するものではございません。
 動画のダウンロードは著作権を侵害する可能性があるので、ご注意ください。
スポンサードリンク